相手を立てる 褒められて嫌がる人はいない

嫌味にならない程度に

一緒にいて付き合いたいと思える相手と言うのは自分のことを褒めてくれる人ですよね。褒められて嫌な人と言うのはいませんよね。相手を褒めるということをしてみましょう。

相手のことを注意するのは簡単です。嫌な所ばかり目につくものですからしかし、逆を言えば相手を褒めるようなことをしてあげることで喜ばれると思います。

今は時代の流れとして怒るということはあってもなかなか相手を褒めると言うことはしませんし、一生懸命努力をしたとしても報われないことの方が多いです。

仕事を一生懸命頑張っても成果として結び付かないだけではなくて怒られることだってあります。モチベーションが低下してしまうことだってありますよね。そんなときに褒め上手となって相手のいいところを伝えてあげることって大切だと思います。

ただし、露骨に褒めると言うことをしてはいけません。大体は相手が言ってほしいことを伝えてあげたり相手の反応を見なくてはいけません。

ただ褒めればいいというわけではありません。褒めればいいんでしょ?みたいな感じで捉えていると相手はなんか裏があるのではないの?って勘ぐられてしまうこともありますから自分が素直にいいなと思ったところを褒めるようにしましょう。

そのために効果的なのがありがとうと言う言葉をキチンと伝えることが大切です。

褒め上手になったら相手は嬉しくなってもっと褒めてほしくなります。