シチュエーションが大事 真剣な表情を相手に向けて告白をする場所に気を付けよう

メリハリが大事

三回のデートにこぎつけることが出来たらいよいよ告白になります。告白をするっていうのは何歳でも何回でも緊張するものです。キチンと自分の気持ちを相手に告げなくてはいけませんよね。

楽しい時間を過ごしてお互いに打ち解けてこれから友達以上恋人未満の関係ではなくてキチンと恋人として付き合っていきたいと思います。告白をするときの心構えとしては絶対に後悔をするような告白をしてはいけないということです。

告白をして失敗をする人の多くは告白をするのが恥ずかしくてふざけた感じで伝えたりしてしまう人が多いですが、絶対にふざけた感じで伝えたり冗談半分で伝えるようなことはしてはいけません。

普段はふざけて笑わせることが好きな人だったり、冗談を言う人であろうとも決して告白のときだけは真剣な表情で伝えるようにしましょう。

ふざけて付き合ってみる?みたいな相手に質問形式で伝えるのはいけません。一番相手を傷つけてしまうことになりますし変な告白を伝えてしまったら相手の気持ちが冷めてしまいます。

普段ふざけている人でもメリハリが大事で相手にしっかりと伝えるようにしましょう。

告白される側も告白一つで気持ちが揺れ動いて付き合う気が無かったのにも関わらず告白の真剣さに押されて思わずオッケーしてしまったという人もいれば付き合っていいかなって思っている人が冗談半分で付き合う?みたいな感じで言われて幻滅して断ったということもあります。

告白する場所やシチュエーションなどにもこだわって相手からいい返事が貰える確率が上がるようにしっかりと伝えましょう。