出会いの幅を広げよう 出会いい方を色々と知っておけば気持ちに余裕が生まれる

出会い方を知ろう

今までの出会い方を今一度よく考えてみましょう。

どんな出会い方を実行していたのか?実際にどんなところが出会いの場所だったのか?というのをもういちど洗い出してみることは非常に重要です。

例えば自分のいいところってなんですか?っていうのを頭の中に思い描くだけではなくてしっかりと書きだすことで「自分」というものが見えてくるのと同じでどういった場所で人と人の繋がりがあるのかをちゃんと把握しておくことが新しい恋人作りのチャンスといってもいいでしょう。

まずは学校ですよね。これが人生で一番同年代の人とたくさん出会える場所といって間違いないでしょう。とはいってもここで恋人をみつけることが出来なければ落ちこぼれ!とかモテない人間ということでありません。たまたま自分と会う人間がいなかったというだけの話だけですので気にしないでいいです。

次に職場ですね。これも学校の延長線上といっていいのか分かりませんが比較的自分と近い人が多くて異性がそれだけいれば出会いのチャンスが待っていることもあります。とはいえ職場が男性だけの職場、女性だけの職場というところも多いので一概に出会いがある!とは言えません。

つづいて友達の紹介で知り合う合コンですよね。友達の友達を連れてくるということである程度信頼出来ますし会話も弾みやすいですし、年齢も近い人同士が集まる可能性が高いといってもいいでしょう。日本人がもっとも得意とする場所といってもいいかも知れまん。ただし、成功率はものすごい低いということをあまり知らない人が多いです。

そもそも友達の手前でいい関係になったらあとで色々とチャチャを入れてくる人もいますし、意外と友達同士が協力しないで勝手な行動をとってしまうケースも多いです。

また見知らぬ男女がいきなり遊んで意気投合して恋人関係になる!この確率のほうが冷静に考えたらすごいと思いませんか?とくに合コンを頻繁二している人はもっといい人、もっといい人が必ずいるといって合コンをすることが目的に変わっていってしまっている人が結構いるのです。

次に今流行りなのが婚活パーティです。自治体なども少子化の問題や過疎化の問題を防ぐために積極的に開いたりしていたり企業が開いています。一度にたくさんの人と交流することが出来てそこから恋人探しで集まってくるのですから需要は高いです。

しかし、悪徳業者も増えてきましたし年齢制限や年収制限などもかけられているので意外と敷居が高くなっているのもありますのでそれなりのステータスがある人じゃなければ難しくなってきています。

以上の出会い方が基本的な出会いです。それプラス出会い系サイトを併用して見つけてみましょう。