冷静に対処しよう 難しい文章が書かれていても慌てないことが一番

請求書が届くまで対処しない

年配の方やインターネットに慣れていない人がよく騙されてしまうサクラの手口として架空の請求を送られてそれに騙されて料金を払ってしまったというケースが多いです。

特に年配の方は請求された者に対してはあまり深く考えないでとりあえず来た者に関して払えばいいんでしょ?っていう考えを持っている人が多いですから気をつけなくてはいけません。

迷惑メールでいきなり「支払い請求」が来たら戸惑ってしまうことでしょう。長文で難しい言葉を並べられてしまいいかにも払わなければいけないみたいな感じで送られてしまったら不安に感じてしまうのも仕方がないですよね。

大体弁護士や代理人とか、法律とかの難しいワードを並べてくるのでついつい受け取った側も本物と勘違いしてしまうぐらいのクオリティです。

しかし、支払い請求で身に覚えのないものは払ってはいけません。出会い系サイトのサービスで料金を支払う際にもキチンと請求書などで払ったり、事前に購入だったり、クレジットカードでポイントを購入してから利用することが出来ると思います。

もし支払っていないで何度も催促がくるということであれば最終的に書面で支払うように求められます。

メールだけで支払い請求をするということはしないはずです。

身に覚えがあるような無いような、あいまいな感じであるならばそのメールの最後あたりに会社名などが乗っているのでインターネットなどで調べるようにしてみましょう。

そうすれば大体悪徳業者と書かれているはずです。

架空の請求を送られても支払わないようにしましょう。一度でも支払ってしまったらその後に何度も支払い要求が届きます。